本日、「堂本光一」がらみの検索で訪問してきた人が
多いこと、多いこと(驚)。いつもの3倍!! すげーなー!!

木曜にコンサート事務局から届いた1通のハガキ。
「堂本光一 CONCERT TOUR 2006」モニター参加のご案内だった。
場所はサンドーム福井(SUNDOMEをローマ字読みして「すん止め」と言われてた)
ハガキを見ながら、田舎だからチケット余ってるんだね
と暴言を吐いていた私。すると叫び声が。

「お母さん、光ちゃんに逢いたい!!」

ええっ!!参加したいんですかっ、母上!!Why do you join?!
齢69。親子ってのは本当に血が争えんなぁ(苦笑)
母にせがまれ仕方なしに参加を申し込むも、その母は
今日ご近所に不幸があって泣く泣く手伝いに。
せっかくだからと光ちゃんファンだと言う妹の友達の妹という
私的には、かなり縁遠い(笑)子と2人で参加してきた。
基本的に私は拳を挙げて(或は人差し指を突き立てて)
飛んで、歌って、前のめりになるライブしか行った事がない。
光ちゃんの歌も全く知らないので、一緒に行った子に
前日のライブ(彼女は参加していた)について聞いてみた。
「飛んだりとかしませんよー?」 ……想像がつかん(爆)。

モニター参加の人は想像以上に多く、やたら並ばされて
ようやくGETした席は2階の正面。北1M11だって。嗚呼、運命。
舞台もモニターもよく見えていい席だと思った。

ライブ開始。飛んだりしない訳がよく判った。
これは炎や花火やレーザービーム(?!)などをふんだんに使った
幻想的な演出効果満点のエンターテイメントショーなのだ。
煌びやかな衣装を纏って、歌い踊る光一くんは当に王子様。
そりゃあ、女の子は惚れるわ。ちなみに私は一の腕をガン見していた。
私は一の腕フェチで、光一くんのが大好物だ(変態)

MAを交えてのMCはやたら長くて面白かった(30分はしゃべってた?)
光一くんが汗を拭くときはご時世ネタの青いタオル。
どっかのバンドのリーダーも青いハンカチで汗拭いてなかったっけ?(笑)
結構、下ネタが出てきたのでちょっと驚き。小さい子も多かったし。
長瀬くんのトイレのドアの話とかもしてくれたので嬉しかった。
「アイツは天真爛漫すぎる」だと。ついでに髪型にもダメ出ししてくれないかな?

飛ばないライブに体が慣れてきた頃に終わってしまいちょっと残念。
軽くカルチャーショックを感じたこのライブはなかなか面白かった。
そして次はエンドリさんが見てみたいなーと思った私であった。