昨日、シアターBRAVA!にて『JAIL BREAKERS』見てきました。
実は本格的な観劇は初めての私。(『生3名様』は除く(笑))
いろんな意味でワクワクしておりました(笑)
シアターBRAVA!は割と小さなホールだったので
1階後ろから4列目の私の席でも充分楽しめる。

が、これまで(といってもたった2回だけど)参加したTOKIOライブでは
前から10列目前後の席だったので、かなり近くにマボさんを鑑賞できたけど、
今回の距離感に私的にはやや不満が残る。しかもオペラグラス忘れたしさ・・・。

コミカルでテンポの良い展開に笑いっぱなしの楽しい3時間で
共演者同士のチームワークの良さが感じられるイイお芝居だった。

何にしても生で見るってのは迫力が違うもんなんだなぁ。
もちろん、マボさんの演技&演奏はもとより、篠原ともえちゃんの歌声に鳥肌が立ったり
元ゴスペル歌手:コング桑田さんの舞台栄えする通りの良い声に感動したり
今川梅竹役の植本潤さんや山崎拓三役の大高洋夫さんの
台詞回しの雰囲気に圧倒されたり、本当に見に行ってよかったと思った。

私的マボさんのツボといえば、やはり演奏。
だってグラサンなしだものラブ しかも歌うのよっ!!踊ってたし!!!
立ち上がりそうになる自分を押さえるのに必死(爆)
演奏中はドラマーガン見だったので客席で笑いが起こっても
私は意味がサッパリ判らなかった・・・困った

それでも本命替えは出来ないので
『往生際の悪い女 クイーン冠・オブ・ザ・イヤー』にエントリーか?

アンコールにも3回応えてくれて、最後はスタンディング・オベーション。
帰り道、何の悔いも無かったはずの私でした。・・・・・・ううっ(咽)

余談ですが、休憩時間に見つけたMAの『フェーム』のチラシ。
『フェーム』といえばヒロくんの『半熟期』だよ!と興奮。
まあ流石に歌ってはくれないだろうけどさ。